劇団東演へメールでのお問い合わせ
東演俳優連名&プロフィール劇団への地図
 
 
劇団東演は1959年、故・八田元夫(1976年没)、
故・下村正夫(1977年没)の両演出家(※1)を中心に
東京演劇ゼミナール(※2)を発足。
1962年に現在の「劇団東演」となる。
スタニスラフスキー・システムの研究と実践を通し、
リアリズム演劇の発展と現代社会に鋭く目を向けた
創作劇の創造、 近代古典の積極的発掘を旗印に、
八田、下村が 交互にその芸術を発表し
公演として品格のある舞台を 創り出してきました。

両演出家が他界した後、
1978年に現在の下北沢に本拠地を移し、
同時に「東演パラータ」という、小劇場を開設、創造の拠点を
造り 新たな出発をしました。
創造面においても我々の再出発の時、千田是也(劇団俳優座、
1994年没)氏が演出を引き受けてくださり、今までにない
新鮮な刺激を 真正面から受け止めました。

八田元夫
 

下村正夫
 
 

(創立メンバー:上右から笹山栄一、相沢治夫、堀ななせ、 下左 富田浩太郎、下村正夫、遠藤暁子、八田元夫)

劇団の代表的レパートリーでもあるM・ゴーリキーの「どん底」は、
八田元夫演出で1966年の初演以来全国各地での公演で、
東演の「どん底」か「どん底」の東演かといわれるほどに、
そのアンサンブルが醸し出す密度の濃い人間の舞台として
定着していました。
1980年に千田是也演出で再創造、
その後もたびたび上演されていますが
アンサンブルの伝統は脈々と生き続けています。

 
 
 
  1978年に現在の地に本拠を移して「パラータ」という小劇場を造り、
そこで精力的に上演活動を続けました。
また1982年に劇場及び稽古場を大改造し、あわせて他創造集団にも開放し、
特に若者の間では工夫された劇場として人気が高まり、多くの集団が利用するようになりました。
我々劇団東演も各月連続講演や集中的な企画公演を次々に上演しています。
俳優を育てる場としても、創造の要の劇場、劇団との一体を大事にしています。
それが創造の充実に結びついていることを改めて感じています。
 
 
 
1981年、当時のソ連の代表的演出家、
A・エーフロス氏を招きチェーホフの「桜の園」を上演、
翌年には「ナターシャ」と続き、4年間にわたる日ロの演劇交流は
閉塞状況の打破に大きな役割を果たしたと思っています。


A・エーフロス

 


ベリャコーヴィッチ


その伝統がベリャコーヴィッチ氏との「ロミオとジュリエット」「モリエール」に
受け継がれ、 1996年には「ロミオとジュリエット」でモスクワ、
ペテルブルグ公演に 発展し、 その後、
2004年にもベリャコーヴィッチ演出の「どん底」で
モスクワ、 ペテルブルグ、ニジニノブゴルド公演を行った。

 
また中国との交流も行っており、 「長江」「そして、あなたに逢えた」を上海、武漢、広州で公演。
さらに交流は発展し、東京で上海話劇センターとの 「www.com」相互上演(03年)、 湖北省話劇院との「臨時病室」相互上演。 今後も交流は発展していく。
 
 
日中国交正常化30周年記念  劇団東演訪中友好交流公演
「そして、あなたに逢えた」「長江-乗り合い船」
上海話劇劇術センターにて