2016年12月6日、緊急入院先の病院にて、V.ベリャコーヴィッチ氏が逝去されました。

 つい二日ほど前には、お元気そうなベリャコーヴィッチ氏と、『マクベス』公演に関する打合せをしていた私たちにとりましては俄かには信じがたい本朝の悲報でした。

 しかしながら、氏が創立したユーゴザパト劇場の団員とも直接連絡をとった結果、詳細は不明ながらもこの事実はみなさまにお知らせしなければならないことを理解いたしました。

 

 1993年の『ロミオとジュリエット』の合同公演以来、優に20年を超えるベリャコーヴィッチ氏との共同作業は劇団東演にとってかけがえの無い財産です。

 ここに、V.ベリャコーヴィッチ氏への心からの感謝と哀悼の意を表するとともに、ご冥福をお祈り申し上げます。

                                                              2016年12月7日  劇団東演

 
 
 
   

なお、本年春の九州ブロックツアーで、ベリャコーヴィッチ氏と創り込んだ『検察官』の来年以降の各地での公演は予定通り行います。

『マクベス』については現在検討中ですので、方針が決まり次第ご報告申し上げます。