劇団東演へメールでのお問い合わせ 更新履歴
東演俳優連名&プロフィール劇団への地図
 
 
この公演は全国どこへでもお伺い致します。   
文化会館、体育館、大会議室、レストランなどをはじめ、
学校や集会、地域での上演も可能です。 上演記録はこちら
ピアニストなど上演料も含め、どうぞ積極的に劇団制作部へご相談ください。
 
 
 
  
   
  佐賀県鳥栖市 − 。 戦後45年のこの年、鳥栖小学校の古いグランドピアノが廃棄されようとしていた。
かつて教師をしていた吉岡公子は、そのピアノに忘れられない思い出を秘めていた 。
そしてピアノを平和の願いの証として保存して欲しいという思いから、
全校集会で生徒達にその思い出を語る・・・。
太平洋戦争末期の昭和20年初夏、音楽学校出身の特攻隊員二人が学校に駆けつけ、
今生の別れにベートーヴェンのピアノ・ソナタ「月光」を弾き、沖縄の空に出撃していった・・・。
   
 
 
 
 

 朗読劇『月光の夏』は、単なる朗読とは違います。
ベートーヴェンのソナタ「月光」のピアノ演奏と<ドラマリーディング>がおりなす、 新機軸のライブ・ステージです。
 かつて、ラジオドラマは「心の劇場」と言われました。  朗読劇もまた、観客の想像の世界をひろげます。
のみならず、人間の息吹が伝わる、臨場感のある生の舞台です。
名曲の調べとあいまって胸で聴く、心の目で観る、深い味わいの感動のドラマをおとどけします。
戦争犠牲者の鎮魂と平和への祈りをこめて−。
(作者/毛利恒之)

 
 
 

演出するにあたって・・・ 鈴木完一郎(演出)

 ピアノ一台と四人の朗読者によるピアノクインテット「月光の夏」
第一楽章は「Largo」、ゆっくり始まる。
二人の特攻隊員と女教師の美しい戦争秘話、つまりこの作品の第一主題がまず冒頭に現れる。
第二楽章は第二テーマ。
ラジオ番組の作家、三池の特攻隊員探しが「Moderato」、いくつかの謎を含みながら演奏される。
第三楽章、東洋的な言い方をすれば起承転結の「転」の部分だ。
テンポは「Andante」、女教師と番組作家の鹿児島県知覧への旅である。
一千を超える若い特攻隊員の遺影、深く重い遺書は私たちに何を投げかけているのか。
女教師の心に去来する様々な思い、楽曲は一気に最終楽章に入る。
特攻隊員の生き残り風間によって奏でられる第四楽章は「Agitato」、激しく哀しい。
引き返してきた特攻隊員にし強いられた苛酷な試練、母の死、戦後の生活はあまりに残酷である。
エピローグは女教師と元特攻隊員と妻の再会である。
静かに美しい第一主題「戦争秘話」の思い出が再び帰ってくる。
テンポも「Largo」に戻り、ゆっくりとかつ豊かに語られる。
やがてすべてを包み込む母のようなピアノ独奏によるベートーヴェンの『月光』で終曲を迎える。

 朗読劇は観客に皆様の想像力にすべてを委ねるところに楽しみがある。
ことに今回の物語のように「戦争」という国家行為最大の愚挙を後の人々は様々なアングルで捉える。
これを一つの虚構「劇」スタイルで作り上げるのではなく、
「朗読」という形で観客に提示して、皆様それぞれの批評、批判に委ねるのは一つの方法であると考えてる。
歴史の断面をどう切り取り、意味づけるかはまず個人の問題として考えなければいけないからだ。

 特攻隊員のエピソードはどれをとっても確かに哀しく切ない。
だから私たちはその悲劇をとかく感動のドラマにしがちである。
しかし私は彼らを英雄化し、神話化するのにはどうしても抵抗がある。
むしろこの二人の特攻隊員も、戦争さえなければただの音楽生、師範学校生だったことに注目する。
普通の音楽生がベートーヴェンの「月光」を弾いた。
その単純な日常的な行為にのみ焦点を当ててみたかった。
音楽生が求めた音楽が与えてくれる安らぎや癒しは私たちにとっても純粋で尊いものであるからだ。
その音楽を楽しめる私たちの時代をよりよいものにするためにこのお話はあると考えている。

 
 
 
  のとたけし    なんぽひろき   おくやまひろし   きよかわしょうぞう   きのゆうだい      
                         
  能登剛   南保大樹   奥山浩   清川翔三   木野雄大      
 
やまだすまこ   やのやすこ   いずみれいこ   きしなみまりこ   こいけゆりか   ふるたみなこ
                     
山田珠真子   矢野泰子   和泉れい子   岸並万里子   小池友理香   古田美奈子
 
      中花子   三森伸子        
                     
    竃二紗子   中花子   三森伸子      
 
 
以上のメンバーで4名を1グループとし、各地で上演しています。
 
 
 
  
 
  作/ 毛利 恒之 演出/ 鈴木 完一郎・原田 一樹
     
  照明/ 鵜飼 守 効果/ 高橋 巌
     
  制作/ 横川 功  
                       
   
   
   
 
 
  上演記録はこちらへ>>          感想集はこちらへ>>          旅日記はこちらへ>>
   
   
   
   
   
舞台写真
 
    
  あああああ         

 

この公演は全国どこへでもお伺い致します。   
文化会館、体育館、大会議室、レストランなどをはじめ、
学校や集会、地域での上演も可能です。
ピアニストなど上演料も含め、どうぞ積極的に劇団制作部へご相談ください。

 

  劇団東演 制作部
TEL 03−3419−2871
Mail info@t-toen.com
   
 
 
提供写真-毎日新聞社
   
   
   
 
 

 

 

 

 

 

e-mailはこちら 北沢タウンホールの詳細はこちら 北沢タウンホールの詳細はこちら